MENU

妊婦さんは注意!妊娠中に漢方を取り入れる際の注意点とは

西洋薬の中には、妊娠中に飲んではいけないものもありますよね。ですが、漢方薬の場合は西洋薬に比べて効果がゆっくりと出るため、妊娠中でもなにも気にせずに飲んでも良いのでは?と思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、妊娠中には避けておいた方が良い漢方薬もあるのです。妊娠中に飲むと体調を崩してしまう漢方薬もあるため注意しておきましょう。

 

妊娠中の漢方薬は注意が必要

一般的に、漢方薬を飲んだとしてもお腹の中の赤ちゃんに何かしらの影響をもたらすことはないと言われています。ですが、漢方薬も薬である以上、副作用が100%ないとは言えないのです。

 

特に妊娠初期は妊婦さんが口にするものが赤ちゃんに大きく影響する時期でもあるため、安全と言われている漢方薬でも取り入れないようにした方が安心できます。

 

ただ、病気で症状がひどい場合には西洋薬よりもリスクの低い漢方を病院から処方される方もいるため、このあたりは医師に副作用やリスクを相談しながら取り入れましょう。

 

妊娠中の便秘解消に防風通聖散は効果的?

防風通聖散は便秘の解消にも使われる漢方薬です。妊娠中は例えそれまで便秘を経験したことがない方でも便秘になる事があります。

 

これは、大きくなった赤ちゃんが腸を圧迫したり、妊娠したことによるホルモンバランスの変化が関係しているのですが、頑固な便秘に繋がってしまうと気分も落ち込みますよね。

 

確かに防風通聖散は便秘解消に効果があるのですが、防風通聖散として販売されている漢方薬のほとんどは妊娠中の方が服用する場合に医師や薬剤師に相談するように注意書きがされています。

 

妊娠中はホルモンバランスなどが変化しているため、妊娠前に防風通聖散を飲んで問題なかった方でも突然強く反応が現れてしまうこともあるのです。

 

生漢煎 防風通聖散の場合も、妊娠している方や妊娠の可能性がある方は医師や薬剤師に相談するように注意書きが書かれています。便秘解消のため、または脂肪撃退のために防風通聖散を飲もうと思っている方は、自分で適当に判断して飲むのではなく、医師や薬剤師に相談した上で飲みましょう。

 

妊娠中に体重が増えたことに焦りを感じ、脂肪を少しでも減らすために防風通聖散を飲みたいと思っている方もいるかもしれませんが、用法や用量は守って飲むことが重要です。用量を守らずにたくさん飲んでしまうと副作用の危険性も高まるため、注意しましょう。