MENU

知っているようでよく知らない「漢方」とは?特徴を確認!

そもそも漢方とは?という疑問を持っている方も多いはず。病気などで病院に行ったとしても、処方されるのは基本的に西洋薬ですよね。ですが、西洋薬よりも漢方薬の方が効果を実感できたという方も多いのです。

 

ドラッグストアなどで漢方薬を取り扱っているところも増えてきましたが、漢方がどういったものなのかよくわからず、購入したことがないという方もいるでしょう。

 

そこで、漢方とは何なのかということについてご紹介します。

 

漢方とはなに?

漢方の発祥ともいえるのが中国です。それが日本に渡ってから独自の発展を遂げてきました。

 

西洋薬が病気の原因となるウイルスなどに直接働きかけるのに対し、漢方は自身の免疫力を高めることにより自然治癒力を身につけるということを目的としています。

 

つまり、体の不調などを整えて自分が本来持っている不調と戦う力を高めていくのが目的となるのです。

 

漢方で使われているのは生薬と呼ばれる天然の原料で、代表的なのが草根木皮となります。このほかに動物由来のものや鉱物なども使われ、目的に応じて配合や種類を変えることにより不調に効果的な漢方薬となるのです。

 

漢方薬で勘違いしがちなこと

「漢方薬は薬ではないから副作用もない」と思っている方もいるようです。ですが、漢方薬にも副作用はあります。

 

西洋薬に比べると症状は弱い場合がほとんどとはなりますが、漢方薬を飲んで何らかの変化を感じたら副作用の可能性を疑ってみましょう。

 

防風通聖散の副作用ともいえるのが、便通が良くなりすぎてしまうということです。特に普段から便の調子が良い方が防風通聖散を飲んだ場合にはお腹を下してしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

特に体調の悪い時に飲むと効果が強く出すぎてしまうことがあるため、防風通聖散を取り入れようと思っている方は体調の良い時に飲むと良いですね。

 

その他の漢方薬では食欲がなくなったり、むくみが発生する、血圧が上がるなどの副作用が出るケースもあります。

 

それから、漢方薬は薬です。サプリメントとは違い、効能が認められているものということになるため、「脂肪を撃退する効果のあるサプリメントを飲んだことがあるものの効果がなかったから生漢煎 防風通聖散も効果がないはず」と考えるのは間違いなのです。

 

サプリメントは食品という扱いになるため、漢方薬と同等に考えることはできません。